安心できる?サポート体制の有無

サポート体制の重要性

マーケティングオートメーションは、企業のマーケティング活動を効率化し、無駄なコストを省くために非常に有効なツールですが、単に必要なシステムを導入するだけで、すべてがうまくいくというほど簡単なものではありません。システムを入れたうえで、マーケティングに従事する社員がそれを適切に使いこなすことができなければ、せっかくコストをかけてシステムを導入しても、宝の持ち腐れになってしまう恐れがあるのです。そのような事態に陥らないようにするためには、アフターサポートがしっかり整っているベンダーと契約することがポイントになります。サポートが充実していれば、もし社員がシステムを使えないような場合であっても安心です。

どのようなサポートを重視すべきか

では、マーケティングオートメーションを導入する際には、どのようなサポート体制を重視してベンダーを選ぶべきなのでしょうか。まず一つ重要なのは、社員に対してきちんとした研修を行ってくれるかどうかという点です。システムに不慣れな社員でも、研修をしっかりと行うことで使いこなせるようになるはずですので、もし研修の評価が高いベンダーがあれば、優先的に選ぶようにした方がよいでしょう。また、研修以外にシステムトラブル時のバックアップ体制がどれくらい充実しているかもベンダー選定における重要なポイントです。いくら社員研修に力を入れたとしても、肝心のシステムの稼働状態が不安定では、望むような効果は得られないからです。