本当に必要?必要とする機能が備わっているか

長期的に顧客獲得に繋がるシステムを見極めよう

マーケティングオートメーションは、販促活動を進めるうえで便利なツールの一つですが、社内にシステムを導入するにあたっては、必要とする機能が備わっているかどうか慎重に判断することが重要となります。特に、年齢や職業、好みが様々な顧客に対して効率よくマーケティングを行うにあたっては、営業部やマーケティング部の担当者が中心となって、色々なシステムに搭載されている機能の良し悪しについてじっくりと把握する必要があります。また、業種や事業内容によっては、市販のマーケティングオートメーションのツールを導入しただけでは満足のいく顧客獲得の効果を得られないこともあります。そのため、場合によっては、外部のIT関連企業にオーダーメードのシステムを開発してもらうのも良いでしょう。

見込み顧客のリスト化やデータ分析に特化したツールがおすすめ

マーケティングオートメーションを効果的に行うためには、ニーズに合うツールの機能を上手く使いこなせるよう対策を立てることが肝心です。たとえば、見込み顧客のリスト化やデータ分析に特化したツールは、導入時に多額のコストが掛かるものもありますが、営業活動の大幅な業務効率化に繋げることが可能です。機能の種類によっては、従業員が正しく扱えるようになるまでに一定の期間を要したり、外注化が必要となったりすることもあるため、早い時期から導入に向けて準備を始めることがポイントです。 その他、多様な業種に対応した最低限の機能が備わったマーケティングオートメーションに役立つツールの中には、オンライン上で低価格でダウンロードができるものもあるため、コストを最小限に抑えたい場合にはこうしたツールの利用を検討するのも良いでしょう。